近年は日本を訪問する外国人観光客が急激に増加していて、都市部のホテルや旅館が慢性的に不足しています。
これに伴い使わない家屋やマンションの部屋を有効活用する民泊が注目を集めています。
外国人観光客が利用しやすいようにするために、宿泊者が滞在中にインターネットに接続するためのサービスが民泊wifiです。
これは宿泊場所を提供するホスト向けのサービスで、高速でインターネットに通信ができるwifiルーターをレンタルすることができます。

知らないと損する?民泊wifiとは

知らないと損する?民泊wifiとは 日本語が分からない訪日外国人観光客の唯一の情報源はインターネットです。
そのため、ゲストハウスや民泊経営を行う際は、宿泊客が滞在中に無料でインターネットが利用できるような設備が必須です。
民泊wifiとは手軽に利用できるWiFiルータのレンタルサービスです。
民泊wifiの特徴はインターネットの光回線を設置する必要がなく、実質的に通信量制限が無くて高速で通信ができることです。
一般向けのレンタルWi-Fiのように契約期間の縛りが無いサービスもあります。
民泊wifiでは使用方法の説明や通信トラブル発生時などにクレーム対応に対して多言語に対応したサポートサービスも付いているので、ホストが宿泊客のトラブルに対応する必要が無いというメリットもあります。
民泊wifiを活用すれば、インターネット接続完備の宿泊施設を経営することが可能になります。

初期費用無料、民泊wifiの嬉しいメリットとは

初期費用無料、民泊wifiの嬉しいメリットとは 民泊wifiとは民泊ホスト専用のモバイルwifiiルーター、複数のスマホやパソコンと接続可能で、容量の制限もほとんどないのです。
海外から訪れて民泊を利用するゲストにはwifiは必須、しかし民泊が用意したwifiで何らかのトラブルが発生したとき、ホストは多言語で対応する必要があるため負担も大きいのです。
民泊wifiは英語、中国語、ベトナム語などの幅広い言語対応のコールセンターでサポートされているので、wifiに関するゲストとのやり取りの不安や負担から民泊ホストを解放してくれます。
民泊wifiには基本的に通信制限無し、契約期間の縛りが無し、そして無料レンタルなので端末代0円など、さまざまなメリットがあります。
契約手数料が必要ないので初期費用がかからず、解約手数料も不要です。
LTEエリア対応で都会や地下、ビルの中も繋がりやすい高速通信、地方でもしっかりアンテナが立つのです。
一般的なキャリアではあたりまえになっている契約期間の縛りがないことも魅力的なメリット、1ヶ月単位でいつでも解約が可能。
そして民泊wifiは、民泊ホストだけでなく、個人で利用することができます。
気軽に利用してスマホ代、ネットにかかる費用が節約できるのです。
民泊wifiのデメリットは、大手ではないので知名度が低いこと。
端末がレンタルなので、端末を選びたいという人にはデメリット。
端末を紛失、または破損した場合には、10,800円(税込)の支払いが必要になり、SIMカードの再発行が必要な場合には3,240円(税込)かかるのです。

民泊wifiの情報サイト

民泊wifi